未成年が成人病になる様々な要因

成人病の原因はそもそも悪い生活習慣が原因で発生しています。成人した方が発症すると思われがちですが、未成年の方でも生活習慣によっては成人病と呼ばれる症状になることも珍しくありません。

成人病の名前の由来

成人病という言葉は日本で40年以上に渡って使用されていた言葉であるため、公の場では使われなくなった現在でも大人が発症する病気としてよく知られています。
しかしどうして成人病と呼ばれるようになったのかということについては今ひとつ知らないという人が多いのも事実で、高血圧や糖尿病といった病気の内容はわかっていても名前の由来はわからないという人は非常に多いです。
ではどうして成人病と呼ばれていたのかと言うと、この由来はかつて高血圧などの病気が加齢によって発症する病気だと考えられていたことが関係しています。
実際に日本国内の公文書で「成人病」という名前が使用されるようになったのは昭和30年代のことだったとされていますが、この頃にはこの高血圧や糖尿病といったいわゆる成人病が発症する原因が今ひとつ特定されておらず、多くの専門家のなかでも「加齢によって体質が変わることで発症する病気だろう」という考え方が強くあったのです。
加齢によって発症する、つまり成人してから発症する病気だといういうことでこれらの病気には「成人病」という分類名がつけられることになったわけです。
さて、しかし現代ではこうした病気に対しては「生活習慣病」という名前が使われることが増えてきました。
この名前の変化は病気研究が進んだことで「高血圧や糖尿病などの病気は加齢によって自然に発症するのではなく、それまでの生活習慣の積み重ねが関係している」ということが結論として出されたために起きたものです。
実際のところ若い人は体の新陳代謝も活発に行われていて、かつどちらかというと健康的と言える生活習慣が行いやすいことを考えると加齢によって引き起こされるというところは少なからずあるのですが、成人病や生活習慣病といった名前の由来はこういったところにあるわけです。

成人病ってそもそも何を指す?

成人病と呼ばれた場合にはいくつかの病気の総称であるとして考えることが必要です。
かつて加齢によって発症するとして考えられていた病気をひとくくりにして言ったのが「成人病」ですから、実際には複数の病気を指す言葉として使われているのです。
では具体的にそもそも成人病とはどういった病気を指すのかと言うと、まず代表的なものとしてチェックしておきたいのが脳卒中と心筋梗塞、そしてがんの三つです。
脳卒中と心筋梗塞については高血圧などで血管が損傷を受けてしまい、その血管のなかに出来た血栓が血液の流れに乗って脳・心臓の重要な血管を塞いでしまうことで引き起こされる病気です。
がんは人の体内で自然発生することもあるのですが、それまでの生活の積み重ねによって発症リスクが大きく変動するために成人病の一つとして含めることがほとんどです。
これら三つの病気は三大成人病と呼ばれるほどに有名なものとなっており、同時に致死率も高いため特に注意が必要な病気であると言えます。
またこれらのほかには脳卒中と心筋梗塞につながるリスクのある高血圧、全身の神経を破壊する糖尿病といった病気も成人病に含まれますし、また「生活習慣病」と言い方が改められた現在ですと肥満症や歯周病といった病気も同じカテゴリに含められることが増えてきています。
中でも肥満症については「メタボリックシンドローム」という名前でテレビや雑誌で特集されていましたから、名前は知っているという人も多いでしょう。
実際のところ肥満状態は放置されると高脂血症や高血圧につながりやすくなり、先ほど述べたようにそこから脳卒中や心筋梗塞につながるわけですから極めて重要な病気であると言えます。

成人病を防ぐには普段の生活を見直すことが最優先

成人病は今では生活習慣病と言われています。
なぜかと言うと成人病は日頃の生活習慣がその発症や進行に大きく影響しているからです。
特に食生活や水分の取り方、喫煙の有無などが大きく関わっています。
脂っこい食事が好きで日頃から脂質の多い食事を続けていると生活習慣病の一つである肥満症になります。
この肥満症はただ外見だけの問題ではありません。
血管内には消化しきれない脂肪が蓄積すると共に血栓を起こしやすくなっています。
するとこれが引き金となり、心筋梗塞や脳梗塞などを突然発症する場合もあります。
また、糖尿病も生活習慣病の一つです。
食生活により慢性的に血糖の高い状態が続くと、血糖値を調整する機能が不全となり糖尿病になります。
糖尿病は進行すると意識障害をきたしたり、命の危険もある病気です。
また、これが要因となって心臓病や脳血管障害を起こす場合もあります。
また、日頃から塩分の高い食事を続けると高血圧になります。
高血圧は心疾患や腎不全を引き起こします。
その他にも脂質異常症、高尿酸血症などが生活習慣病として挙げられます。
このように日頃の生活習慣が成人病の発症に繋がっているのです。
そして発症してからでは生活習慣の改善により症状を改善することもできますが、遅い場合もあります。
若いうちからの積み重ねが40代、50代になってから病気として現れることもあります。
そうならないためには日頃の生活を見直すことが成人病予防になるのです。
まずは食生活の見直しが必要です。
脂っこい食事、濃い味の食事はなるべく控えて、野菜やたんぱく質を食べるようにしないといけません。
また、適度な運動も必要です。
このように普段の生活を見直すだけで病気を予防することができるのです。