未成年が成人病になる様々な要因

成人病の原因はそもそも悪い生活習慣が原因で発生しています。成人した方が発症すると思われがちですが、未成年の方でも生活習慣によっては成人病と呼ばれる症状になることも珍しくありません。

成人病と生活習慣の関連性

成人病は現在は生活習慣病と言う名称に変更されています。このことからも、成人病と生活習慣の関連性の深さが理解できます。この呼び方に該当する病気としては、糖尿病や高血圧などが挙げられます。こうした病気が成人病と呼ばれていた頃は、それにかかる原因は加齢だという認識が一般的でした。成人病の成人とは、中高年の、いわゆる働き盛りの年齢層の人たちを意味しています。その年齢層になると、加齢によって体の機能に支障が生じやすくなり、それが原因で上で説明したような病気が出やすくなると言う理解がされていました。ところが同じ年齢層の人でも、こうした病気にかかって苦しんでいる人がいる一方で、そうした病気とは無縁の人もいると言う状況があったため調査が行われたところ、それらの病気にかかる原因は、加齢よりもむしろ本人の生活習慣の積み重ねが大きいと言うことが明らかにされました。そのため成人病は生活習慣病へと名称変更がされたと言うわけです。たとえば食生活ひとつとって見ても、暴飲暴食が続いている、脂質の多い食事が続いていると言うような状況では、血糖値のコントロールも不安定になりやすいですし、血管にコレステロールがたまりやすくもなります。するとそうではない人に比べると、糖尿病や高血圧に罹患する可能性は高くなります。運動習慣についても同様です。適度な運動習慣を持っている人は、糖分や脂肪分がエネルギーとして消費されていることが期待できます。また多くの量の酸素が取り込まれるため、血管の柔軟性も保たれやすくなります。こうしたことは、糖尿病や高血圧を防ぐためには非常に効果的なことです。勿論、生活習慣だけが全てではありません。しかしそれによって改善できる部分があると言うのは事実です。ですから成人病は生活習慣病であるという認識を持って、予防に努めることが必要です。

成人病の種類と原因

成人病は今は生活習慣病と呼ばれています。その種類と原因を見ていきます。まずは糖尿病です。これは体内で血糖値、血中のエネルギーを調整しているホルモン、インスリンの作用が低下してたり、分泌量が減少することで発症します。インスリンは膵臓で分泌されています。そのため病気などで膵臓機能が低下することでインスリンに影響が出てくることもあります。しかし生活習慣病である場合には、暴飲暴食、早食い、不規則な食生活、栄養バランスの極端な偏り、糖質の過多摂取などが原因で、膵臓やインスリンに負担がかかり過ぎることが原因です。また運動不足で余分に糖質がエネルギーとして消費されないのも、主な原因のひとつです。次は高血圧です。これは血圧が高いことで、常時、血管に高い圧力がかかってしまっている状態です。原因は遺伝性、あるいは特定の病気が関係していることもあります。しかしいちばんは生活習慣の積み重ねであり、特に食事による塩分の過剰摂取が大きいと言われています。塩分を過剰に摂取すると、喉の渇きをいやすために水分を多く摂取します。すると血液量が増加して、血圧が上がりやすくなると言うのがひとつです。それからもうひとつは、腎臓からは血圧を調整する物質が放出されているのですが、塩分を過剰に摂取すると、体内で塩分と水分のバランスを調節している腎臓にも負担がかかりやすくなります。すると血圧調整物質の放出にも影響が出やすくなると言うのも理由のひとつです。そしてこちらも、運動不足が原因のひとつとなっています。また喫煙習慣も血管へのダメージが蓄積されやすいことから、原因のひとつとなっています。それから肥満です。肥満は他の成人病との関係も深い状態です。この原因は代謝異常などを除けば、やはり食生活と運動習慣が大きなところです。こうして見ていくと、食事と運動がいかに重要かと言うことが理解できます。

成人病は死に直結します

生活習慣病でもある成人病は、それ単体でもじゅうぶんに恐ろしい病気です。しかしそれ以上に恐ろしいのは、仮に単体の症状は軽症だったとしても、他の症状と影響しあうことで症状が重症化することも多く、その結果として死に直結するような状態を招くことも多いと言う点です。死に直結するような病気と聞いて、どのような病気を思い浮かべるかは人によって異なるかと思われます。しかし一般的には、やはり脳に対するダメージが大きい脳血管疾患、心臓に対するダメージが大きい心臓疾患が、死に直結する代表的な病として挙げることができます。こうした病は、たとえば糖尿病や高血圧との関連が非常に深い病です。そして糖尿病と高血圧は互いが互いに作用しあう病気です。このふたつによって引き起こされ状態のひとつに、動脈硬化が挙げられます。これは血管の柔軟性が失われること、また血管内に余分な物質が沈着することで血流が阻害される状態です。血管の柔軟性が失われると、些細な衝撃でも血管は破れやすくなります。また血管内に余分な物質が沈着して血流が阻害されていると、血管の詰まりと言う状態も発生しやすくなってしまいます。そのような状態がたとえば脳で発生すれば、これは脳血管疾患に該当しますし、心臓で発生すれば心筋梗塞や狭心症などにつながります。また仮に動脈硬化が起きていなかったとしても、糖尿病、高血圧は腎臓に対しても大きな負担をかけることが明らかになっています。腎臓は体の中の老廃物を尿として排出させる役割を担っています。そのためもし、腎臓に対する負担が蓄積され腎症などが発生すると、これもまた命の危険へと直結します。脳血管疾患や心臓疾患は、早期に然るべき対応をとれば、命は守ることができる病気です。しかしその場合でも、ダメージを受けた部位によっては重篤な後遺症が出てしまう可能性もあります。ですかやはり成人病は、予防を心がけるのが一番です。